顔汗がベトベトしている理由

顔汗って何だかベトベトしていませんか?

 

それには明確な理由が有るんです。まずは汗が発生するメカニズムから見ていきましょう。

 

ベトベトした汗が発生するメカニズム

汗の本質的な役割は体外へ熱を逃がす事です。一方で尿の本質的な役割は体に溜まった不要な老廃物(過剰摂取した栄養素含)を体外へ排出することです。(唐突に尿の話が出てきたと感じるかもしれませんが、後でつながるので我慢して下さい(笑い))

 

汗も尿も体外へ水分を排出するという意味では同じですが、役割・目的は違うんですね。(もう繋がりましたw)

 

熱を逃すことが汗本来の役割なので、正しいメカニズムで分泌された汗の構成要素は「99%の水分」と「少しの塩分」だけです。尿とは違って、汗に老廃物(栄養素含)は含まれるべきでは有りません。

 

以下の枠は「正しい汗分泌のメカニズム(省略版)です。

 

メカニズムを詳しく説明すると、ややこしくなってしまうので詳細は省きますが、汗を生成する過程において、最初はミネラルなどの栄養素も含んだ汗が作られます。しかし、汗本来の目的は単に熱を逃がす事です。栄養素等を含んだ老廃物を排出することが目的では有りません。

 

そのため、汗が体外に分泌される前に、最初に作られた【栄養素を含んだ汗】から栄養素だけを再吸収する作業が体内で行われて、その後で実際に汗が分泌される事になります。

 

しかし、休眠している汗腺が多かったり、自律神経等に乱れが生じていると、汗を生成するメカニズムに狂いが生じます。具体的には「栄養素を再吸収する作業」が上手く行われなくなります。

 

するとどうなるか?ミネラル等の栄養素を含んだまま汗が体外へ排出されてしまうのです。不純物が含まれている以上、その汗はサラサラした汗ではなくベトベトした汗になってしまいます。(本来汗は99%水分で出来ていますが、水分割合が減ってしまうので、どうしてもベトベトしてしまう。)

 

しかも、このベトベトした汗(悪い汗)は普通の汗に比べて蒸発しにくく、中々綺麗になってくれません。これがいわゆる悪い汗です。

 

なぜ顔汗はベトベトした汗になりがちなのか?

では、なぜ顔から出る汗はベトベトした汗になりがちなのでしょうか?

 

答えは簡単。顔から汗が出やすくなっている時点で、体の不調のせいで汗分泌のメカニズムが狂っているからです。加えて、顔から汗が出るということは、その他の汗腺が休みがちなわけですから、そのベトベトした汗は顔から出る他有りませんよね。

 

これが顔汗がベトベトしている理由です。

 

顔汗ばかりかいてしまう原因

 

ちなみに精神性発汗の汗もベトベトすることが多いです。精神性発汗による汗は緊張等で急に発生することが多いので、汗を出すメカニズムのうちの栄養素を再吸収する作業が間に合わず、栄養素を含む不純物等が含まれたたまま汗として分泌せざるを得ないからです。