人間には沢山のツボがある

人間の体には沢山のツボが有ります。

 

その数は一説によると365穴有るとも言われていますが、団体によっては600個以上有るとも指摘している所も有り、現在世界的な統一見解をまとめているところのようです。

 

手に有るツボもあれば、足にあるツボも有り、それぞれのツボが人間の体に別々の影響を与えます。また、足にあるツボだからといって足回りに効力を与えるわけではなく、それが体内部の肝臓等に影響を与えるものであったり、その効力は様々です。

 

そして、皆さんご存知のように「顔汗を抑えるのに効果的なツボ」というものも存在します。このページでは顔汗を抑えるための代表的なツボを紹介します。

 

顔汗を抑えるのに有効だと言われているツボ

後けい(握りこぶしを作った状態)

握りこぶしを作った時に、小指の付け根辺りのところが盛り上がる部分が有りますよね。そこが「後けい(こけい)」と呼ばれるツボです。

 

そこを親指等で押してあげて下さい。ゆっくりと押していくと「これがツボかな?」という気持ちになると思います。

 

後けい(手の平を広げている時)

今度は「手の平を広げている時」です。場所は感情線の先端部分です。ここを先ほどの「握りこぶしを作った時の後けい」が有った部分と考えればよいでしょう。

 

陰?(いんげき)

小指側の手首の下側に有るツボです。概ね手首の最下段から2cmほど(指一本分くらい⇒人によって指の大きさが変わるので、自分のサイズに合わせて下さい)下に有ります。手の平を広げた状態で探してみてください。

 

このツボは指で押すだけでなく「お灸」を据えても効果有りのようです。

 

合谷(ごうごく)

言わずと知れたツボの王様。万能ツボと言われ、様々な効果を発揮すると言われているツボです。手の甲を上にして手を眺めた時に、人差し指と親指の骨が交差している部分より若干内側。

 

反対の手の親指・人差し指で摘んでやると「ここが合谷かな?」という部分が分かるはずです。

 

「おくえい」と「だいほう」

汗止め帯」で汗が止まると言われる由縁となっているツボです。

 

おくえいは「胸の乳房」から約5cm程度上に有ります。反対側の親指等で押して上げて下さい。

 

だいほうは脇の下に有ります。

 

まとめ

ツボを押したからといって、全員が全員顔汗の症状を抑えられる訳では有りません。劇的な効果がある人もいれば、全く効果が無かったという人もいるでしょう。

 

しかし、何もやらないよりやった方がマシです。特に、ツボは場所さえ分かっていれば「無料」で実践できる汗止め対策ですので、顔汗で悩んでいる人は日頃から上記で紹介したようなツボを刺激するようにしましょう