手術以外でも顔汗を止める治療方法は存在する

顔汗で悩んでいる人の中には「もう手術しか無いのかな・・・」と考えられている人も多いと思います。しかし、手術をすればデメリットも発生しますので、手術をする前に以下のような治療方法を検討してみてください。

 

また、顔汗に悩まされずに日常生活を送る・・・というだけなら制汗スプレーの「サラフェ」で十分対応可能です。

 

それでは、手術以外の治療方法を紹介していきます。

 

ボトックス注射

病院での治療で最もお手軽に行える顔汗対策と言えば、やはり「ボトックス注射」になります。女性のシワ取り注射として人気の「ボトックス注射」が顔汗に効果的なの?と不思議に思うかもしれませんが、これ結構効くんですよ。

 

ボトックス注射とは、いわゆる「ボツリヌス菌」を主成分とした注射の事です。(毒性は除去して必要な量だけ注射するので体に害は無いと言われています。但し、注意点も参照)

 

では、なぜボトックス注射がシワ取り注射として使われかというと、ボトックス注射を打つとアセチルコリンという物質の分泌量が抑制されて、筋肉の動きを麻痺させるからです。

 

これが顔の表情筋に影響を与えたらどうでしょうか?アセチルコリンの分泌量が減少して、筋肉が麻痺すればシワも出来にくくなりますよね。

 

その上、多汗症の人にとっては大迷惑なのですが、アセチルコリンは発汗を促す作用も有るんです。なので、ボトックス注射を打つと汗が出にくくなるんですね。

 

ちなみにボトックス注射は全身性多汗症の治療に使われることはなく、主として手の平や脇の下など局所性多汗症の治療に利用されています。顔汗対策でボトックス注射をする場合は【おでこ】に注射をうち、おでこから噴き出る汗を止めるのに使うのが一般的です。

 

なお、ボトックス注射の効果は注射後数日〜半年間程度持続します。

 

ボトックス注射を受ける際の注意点

まず、顔汗対策としてボトックス注射を受ける場合「保険は適用されない」という事を知っておきましょう。(脇汗の治療目的なら保険適用で受けられるんですけどね。)

 

厚労省としては、まだ顔汗は一般的に認知されている物ではないと考えているのかもしれません。

 

また、アセチルコリンには筋肉を麻痺させる働きが有ります。従って、副作用として顔にシビレや麻痺が発生する可能性は少なからず有りますので、その点は注意しておきましょう。(腕の良いお医者さんに注射してもらえば副作用が発生する可能性は大分低いです。)

 

薬での治療

顔汗を薬で治療しようとすると「プロバンサリン」という薬を出される事が多いです。というのも、これが多汗症治療薬として厚労省から認可を受けている唯一の薬だからです。

 

ただ、プロパンテリンは「神経遮断薬」なので「アセチルコリン」の分泌を抑えて、汗が発生するのを抑制してくれますが、全身の神経に影響を及ぼすので、顔汗は収まるかもしれませんが、色々と副作用が発生する可能性の有る薬でも有ります。

 

服用する際には医師の判断に従って、用法用量を守って服用しましょう。