顔汗に効く漢方薬は有るのか?

顔汗で悩んでいる人の中には「多汗症手術」で根治させる人もいます。ただ、そうは言っても手術をすると代償性発汗と呼ばれる副作用が発生する場合も有りますし、出来れば手術をせずに根治させたいと考えている人も多いでしょう。

 

そんな人にお勧めなのが、漢方薬によって「体質改善」を促すことで多汗症の原因を根本から治療することです。漢方薬であれば副作用も有りませんし、安心して飲むことが出来ますよね。

 

但し、残念ながら沢山ある「漢方薬」でも、顔汗に特化した漢方薬というモノは存在しません。しかし、汗が発生する原因に応じて、最適な漢方薬というモノは存在するようです。

 

そこで、この記事では汗の原因別に応じて、試して欲しい漢方薬を紹介します。

 

なお、漢方薬に即効性は有りません。また、漢方薬は「体質改善」により根治を目指すものなので、漢方薬を飲んだだけではあまり意味が有りません。汗が発生する原因に応じて、漢方薬以外でもその根本的な原因を取り除く努力が必要です。

汗の原因別に試してみたい漢方薬

 

精神面から来る汗

緊張した時に、急に汗が出る。そんな精神面の不安から発汗する人には「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」と「柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」という漢方薬が効果的。

 

こちらの漢方には気持ちを落ち着かせる作用が有りますので、精神の同様を抑え精神性発汗の症状を抑える事が可能です。

 

 

肥満から来る汗

肥満体型の人が汗をかきやすいのはこちらの記事でも書いた通り。まずは「BMI」を正常値に戻せるようにダイエットに励んで下さい。

 

その上で「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」や「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」などの漢方を試すと良いです。

 

どちらも水分代謝を活発化し、肥満症の人がダイエットの補助薬として利用するものです。(むくみ改善などにも利用されます。)

 

 

ホルモンの乱れによる汗

ホルモンバランスの変化は自律神経のバランスを乱すため、急激なのぼせや発汗に繋がりやすいです。顔汗の原因が「ホルモンバランスの乱れ」と感じている人は

 

「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「女神散(にょしんさん)」

 

という漢方薬を試してみてください。どちらも、古来より女性特有の問題を解決するために重宝されてきた漢方薬です。

 

参考:更年期障害と顔汗

 

まとめ

以上が、顔汗に良いとされる代表的な漢方薬です。ポイントは自分の顔汗の原因に応じて最適な漢方薬を選択することです。

 

また、上記で紹介した漢方薬以外にも「衛益顆粒」と呼ばれる、汗のコントロールが苦手の人によく使われる漢方薬もあります。

 

漢方での治療に興味の有る人は一度、東洋医学に詳しい医師等に相談してみると良いでしょう。